2008年06月09日

新車6ヶ月点検

今日はギャランフォルティスの新車6ヶ月点検で、ディーラーへ行って来ました。
ついでにリコールの作業も一緒にやってもらいましたよ。

新車購入時に三菱のハーティプラスメンテナンスの「しっかりパック」を購入しているので、クーポン券を渡してあとは待つだけです。

先日のリコールで混んでいるかもと思っていましたが、それほど混んでませんでした。
ランエボが2台ありましたが、あれがそうかなって思いましたが。
というか他に商談をしているお客さんがいなくて、これで大丈夫かなぁと逆に心配になってきましたけどね。

さて、新車6ヶ月無償点検(しっかりパック)の内容は…
ファン・パワステ・エアコンベルト点検
エンジンオイル及び冷却水の漏れ点検
バッテリー液量及び比重点検
ブレーキの作動及び効き点検
各計器類およびライト回り点検
タイヤエアー点検調整
エンジンオイル交換
オイルフィルター交換

それと、リコール作業実施 No2108
ヘッドランプオートレベリングECU交換

以上、すべて異常なしです。
点検時の走行距離は、2483Kmでした。

あと、洗車も軽くやってくれたみたいです。
これは多分サービスなんだと思います。
ありがとうございます!

店内でタダのコーヒーを飲んで雑誌を読みながら待ってたら、だいたい1時間くらいで終わりました。

それと、「エンジンをかけてから回転が落ち着くまで音がでかいんですけど…」って聞いて調べてもらいましたが、「各データに異常はないのでエンジンが暖まるまでの制御によるものだと判断します」との回答でした。
あんま答えになってないような気がしますけど、ね!
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 00:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | ギャランフォルティス日記
この記事へのコメント
リコール行って来ました。
(ハーティプラスには洗車はセットですよ^^)
私は何にもサポート付けていませんが
洗車してくれました。
リコール処理のサービスでは無いでしょうか?

部品交換は、やはり30分程度でした。
私の行った営業所には商談中のお客様が3組いて
中の一組が息子さん(らしき人)へ携帯を掛け始め
「車、買うことにしたから」
「いいじゃん、お父さんが払うんだから」
云々・・・見商談成立のようでした。(パチパチ)

それはそうと・・・始発時の排気音の件ですが・・・
私も聞いてみました。

まずはネットから、メールにて質問・・・
お客様相談センターの回答(メール)転載はご遠慮ください、との事なので。
抜粋ですが 
<音については感覚的な部分もあり、
このたびのお申し出について、書面からだけでは原因を推測し、
対処方法の有無を判断することが困難でございます。

との事でした(全文を読んでも、あまり誠意が感じられません)
要は販売店へ行け!との事でしたので、リコールを含め販売店へGO!

店舗内にて、実車を前にせずメールと同じ質問を・・・
「その件につきましては・・・(おっ理解してる・・・よしよし)
販売店からもメーカーへ質問しておりまして・・・(フンフン)
製造からの返答としましては
燃焼効率を上げるため早期に触媒温度を高めるように
触媒内で燃焼させているので、温まるまでの時間
あのような音がしてしまう・・・燃焼系や車体の不備では無いという事で」
ホーホー・・・(うなずいて見るが・・・解りません)
私「そうは言っても・・・朝早くや深夜にエンジンを掛けると
 ご近所に迷惑なんですが・・・」
販売「ご迷惑をお掛けしますが。販売側からも同様な問題を
指摘していますが、なにせ不具合では無いもので・・・(恐縮)」
・・・・・
と言うことで、どうやら音より燃費のため早期に排気系の温度を上げてしまえ!
のコンセプトの元、触媒部分で燃焼させているために
あのような音がするようです。
と、まあ、横浜の某販売店では、丁寧に解る限りの情報を教えてくださった感じでした。
元々ここの店員さんには好感を持っていたからか悪い印象は有りませんでしたが。
なにせ余り詳しくない排気系のお話・・・80%理解出来てません(不合格ですね)が、
触媒って・・・マニホールドのすぐ後でマフラーより前でしょ?
触媒より先が同調しなければあのようなビビリ音も減らせると思うんですが・・・
それにしても、販売店からも質疑が上がっているにも係らず、お客様相談センターは
「もうちょっと推測を含めて対応してくれても良いじゃないか!」
と憤りを感じえません。
せめてマイナー時には改善されているものと期待します。

(いつも長々とすみません・・・長文駄文多謝!)
Posted by さくさく at 2008年06月09日 10:14
>さくさく
あれ、そうですか?
ネットで調べたらハーティプラスの「おまかせパック」には洗車が付いてましたが、「しっかりパック」には洗車が書いてなかったもんで…

さくさくさんの行った営業所では商売繁盛してるようですね。
ちょっとは安心です。

さて、さくさくさんの書かれた文章を読んで同じようなことを言われたのを思い出しました。エンジンが暖まるまでうんたらかんたら…
さくさくさん程の知識も理解力もないですが、同じような説明だったような気がします。
あまりメーカー側はたいした問題と捉えてないような気がしますが、ユーザーとしては改良、改善の期待を込めて文句を言うことで今後の展開に期待するしかないようですね。
Posted by ギャランフォルティスのオーナー at 2008年06月10日 00:32
m(__)mしっかりパックには洗車無かったですね・・・
リコール対応サービスだったようですね。
Posted by さくさく at 2008年06月10日 09:03
>さくさく さん
やっぱり、そうですよねー
リコール対応のサービスなんですね、多分。
Posted by ギャランフォルティスのオーナー at 2008年06月11日 23:58
始動時の排気音の件はとても興味深くて色々調べてしまいました。
触媒内で燃焼といえば触媒燃焼法というのが実際にあって、触媒とコールドスタートによる燃え切らなかったガスの混じった排気が化学反応することで直接燃やした時と同じような酸化反応をさせることができるようです。
ただ、触媒は暖まらないと機能しないため後方排気レイアウトをとって距離を短縮して排気が熱いまま触媒を通しているんですね。触媒燃焼法は分解速度が高く、低温でも反応が起こるということで、外界にむき出している排気管の中の反応だから音もよく聞こえてしまうのかなと勝手に推測してしまいました。
長々とすみません!
Posted by なぎさ at 2008年06月12日 00:16
>なぎさ さん
おおぉ、詳しい情報ありがとうございます!
なんとなく解ったような気もしますが、ちょっと難しい話ですね。
自分でももっと勉強して、もう少し理解する努力をしてみます。
Posted by ギャランフォルティスのオーナー at 2008年06月13日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。