2011年10月25日

ランサーエボリューションX 一部改良〜インテリア質感の向上など〜

三菱自動車は、高性能4WDセダン「ランサーエボリューションX(テン)」を一部改良を施し、10月27日(木)より発売するそうです。

LancerEvolutionX03.jpg
〜ランサーエボリューション]の一部改良内容〜

主な変更内容
◆走行中にアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んだ場合、ブレーキを優先するブレーキオーバーライド制御を全車に採用。

◆インストルメントパネルからドアトリムに至るアクセントパネルを深みと光沢のあるグロスブラック塗装に変更し、フロントドアトリム上部をソフトパッド、中央部をソフトレザーとすることで、インテリアの質感を向上。(【RS】を除く)

◆後続車のヘッドライトの光を感知し、光の反射を調整する自動防眩機能を有し、シフトポジションを「R」にすると、ルームミラー内蔵の3.3インチカラー液晶モニターが後方の様子を映し出して安全な後退・駐車をサポートする「リヤビューモニター付ルームミラー(自動防眩機能付)」を、メーカーオプションとして設定。

◆HDDナビ装着車にリヤビューカメラを追加。(【GSR Premium】に標準装備、【GSR】にメーカーオプション設定)

ランサーエボリューションX メーカー希望小売価格(税込)
【GSR】 ¥3,786,000(5MT) / ¥4,038,000(ツインクラッチSST)
【GSR-Premium】 ¥5,250,000(ツインクラッチSST)
【RS】 ¥3,150,000(5MT)


今年のランエボの進化も、やはりマイナーチェンジでしたか。
もう、次世代のランエボは誕生しないのでしょうか…?

三菱自動車プレスリリース
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 23:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 三菱自動車関連

2011年10月24日

ギャランフォルティス 一部改良〜新MIVECエンジンと「オートストップ&ゴー(AS&G)」を搭載し、燃費を向上〜

三菱自動車は、スポーティセダン「ギャラン フォルティス」と5ドアハッチバック「ギャラン フォルティス スポーツバック」に、新型『MIVEC』エンジンおよびアイドリングストップ機能『オートストップ&ゴー(AS&G)』を搭載するなど一部改良を施し、10月27日(木)より発売を開始するそうです。

GalantFortis_SuperExceed.jpg
〜「ギャランフォルティス」&「ギャランフォルティススポーツバック」の一部改良内容〜

燃費向上
◆「ギャランフォルティス」&「ギャランフォルティススポーツバック」の1.8Lエンジン搭載車に、新開発の4J10型MIVECエンジン(1.8L 4気筒 SOHC16バルブ)と、アイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー(AS&G)」を新たに搭載。これにより、10・15モード燃料消費率を従来から1.8〜2.0km/L向上させて、平成22年度燃費基準+25%を達成し、エコカー減税(75%軽減)に適合した。

安全装備
◆「リヤビューモニター付ルームミラー(自動防眩機能付)」を、メーカーオプションとして設定。

◆1.8Lエンジン搭載車に、坂道発進をサポートする「ヒルスタートアシスト」を新たに標準装備。

◆走行中にアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んだ場合、ブレーキを優先するブレーキオーバーライド制御を全車に採用。

エクステリア
◆「ギャランフォルティス」の【RALLIART】、「ギャランフォルティススポーツバック」全車に、新デザインの18インチアルミホイールを採用。
「ギャランフォルティス」の【EXCEED】に、新デザインの16インチフルホイールカバーを採用。

◆ボディカラーでは、「ギャランフォルティス」の【SUPER EXCEED】【EXCEED】に、チタニウムグレーメタリックとウォームシルバーメタリックを新たに設定。
「ギャランフォルティススポーツバック」の【SPORT】にも、チタニウムグレーメタリックを新たに設定。

インテリア
◆全車、フロントドア及びリヤドアのトリム中央部を、上質なソフトレザーへ変更。

◆アクセントパネルおよびフロアコンソールパネルの色、シート生地など、インテリアカラーの展開を変更。

◆「ギャランフォルティス」の【EXCEED】に、リッド付センターコンソールボックスやアクセサリーソケット(DC12V)を装備。

メーカーオプション
◆人気の高いメーカーオプションをパッケージ化し、「ベーシックパッケージ」「スポーティパッケージ」「ラグジュアリーパッケージ」「プレミアムパッケージ」「フルパッケージ」「RALIIARTパッケージA」「RALLIARTパッケージB」を新たに設定。

グレード展開
◆「ギャランフォルティス」は、【EXCEED】【SUPER EXCEED】【RALLIART】の3グレード展開。
「ギャランフォルティススポーツバック」は、【SPORT】【RALLIART】の2グレード展開にそれぞれ見直し。


新型MIVECエンジン(4J10型)とアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー(AS&G)」は、「ギャラン フォルティス」&「ギャラン フォルティス スポーツバック」の他に、コンパクトSUV「RVR」にも搭載されるようです。

しかし、「ギャランフォルティス」のスポーツグレードは、とうとうなくなってしまったんですね…
まあ、ラリアートがあればいらない子だったわけですから。
ちょっと寂しいですが仕方ないですね…

三菱自動車プレスリリース
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱自動車関連

2010年10月12日

ランサーエボリューションX 一部改良〜燃費向上など〜

三菱自動車は、高性能4WDセダン「ランサーエボリューション](テン)」を一部改良し、10月21日(木)から販売を開始するそうです。

LancerEvolutionX03.jpg
ランサーエボリューション] 「GSR」の一部改良内容

エンジン
◆高着火性点火プラグの採用や、点火時期や燃料マップなどのエンジン制御、触媒仕様を改良。
平成17年基準排出ガス50%低減レベル(JC08モード)に適合し、加速レスポンスを向上させ、
全グレードで燃費を向上(10・15モード燃料消費率で0.4〜0.6km/L)した。

トランスミッション
◆Twin Clutch-SST車は、制御を見直すことで変速レスポンスの向上や減速時のスキップシフトを可能とした。

機能
◆緊急ブレーキ時に、より大きなブレーキ力が得られるブレーキアシスト機構を、ペダル踏力・踏込み速度感応型に変更。(「RS」グレードを除く)
◆従来のセキュリティアラームをベースに車体傾斜検知機能と室内侵入検知機能を追加。
異常が発生した際に、セルフバッテリー内蔵サイレンの吹鳴とハザードランプが点滅するプレミアムセキュリティアラーム(盗難発生警報装置)を採用。(「RS」グレードを除く)
◆低燃費運転をサポートするECOランプを追加。(「RS」グレードを除く)

オーディオ、ナビゲーション
◆7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション[MMCS]に、地上デジタルTVチューナー(フルセグ)を搭載。(「GSR-Premium」グレードに標準装備。「GSR」グレードにメーカーオプション設定)
◆グローブボックス内に新たに設置したUSB端子や、BluetoothRで接続された、携帯電話や音楽プレーヤーなどの外部機器を、MMCSのタッチパネルや、ステアリングホイールのオーディオリモコンスイッチ、ボイスコマンド機能によって操作できるリンクシステムを採用。(MMCS装着車)
◆ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステムの8chトータル出力を、650Wから710Wに改良。(「GSR-Premium」グレードに標準装備。「GSR」グレードにメーカーオプション設定)


ランエボ]もエコの改良です。
う〜む、時代なんですねぇ。
今年もランエボの進化はないようですが、次世代のランエボの登場が待ち遠しいであります。

三菱自動車プレスリリース
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三菱自動車関連

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。