2008年11月05日

レーシングランサー&ランサーエボリューションX

三菱モータースポーツのホットな話題が2つあります。

2008年FIAインターナショナルカップ・クロスカントリーバハ(CCB)第6戦バハ・ポルトガルで、新型競技車『レーシング ランサー』が記念すべきデビュー戦を総合優勝で飾りました。

レーシングランサー
三菱自動車プレスリリース

2008年FIA世界ラリー選手権(WRC)第14戦およびFIAプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第7戦となるラリージャパンが開催されました。
三菱ランサーエボリューションがグループN/PWRCワンツーフィニッシュ。
優勝のJ・ハンニネンは今季グループN4勝、PWRC 3勝をマーク。
田口勝彦はグループN/PWRC 7位、奴田原文雄はグループN9位/PWRC 8位。

ランサーエボリューションX
三菱自動車プレスリリース

…だそうです。
正直、WRCとかクロカンとかは全然追いかけてないので分かりません。

F1は地上波で必ず見てるんですが。
ハミルトンとマッサの最終決着はビックリするくらいの大逆転でしたよね。

とにかく、三菱もモータースポーツかなり好調のようです。
レーシングランサーは、ランサー スポーツバック(日本名:ギャラン フォルティス スポーツバック)をベースとしているようですが、まったく別物に見えてしまいます。

それにしても、いつ見てもランエボXはカッコイイですね。
これだけは間違いなく分かります!
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱自動車関連

2008年10月21日

「ギャランフォルティス スポーツバック」参考出品

日本自動車工業会の会員乗用車メーカー8社が参加する合同イベント「TOKYO MOTOR WEEK 2008」に、年内に発売を予定されている『ギャラン フォルティス スポーツバック』が参考出品されるそうです。

ギャランフォルティス スポーツバック
『ギャラン フォルティス スポーツバック』(参考出品車)

「TOKYO MOTOR WEEK 2008」は東京モーターショーの休催年である今年秋に初めて開催されるもので、11月1日〜3日にお台場と横浜で、そして11月8日〜9日に六本木で開催されます。

「TOKYO MOTOR WEEK 2008」公式サイト

「TOKYO MOTOR WEEK 2008」での三菱自動車展示車両
◆11/1(土)〜 3(月) お台場会場
『ギャラン フォルティス スポーツバック』(参考出品車)
『トッポ』

◆11/1(土)〜 3(月) 横浜会場
『パジェロ』
『デリカD:5』

◆11/8(土)〜 9(日) 六本木会場
『ランサーエボリューションX』
『パジェロミニ』


今年は東京モーターショーもないのでつまんないなぁって思ってたんですが、今年からこんなのが開催されるんですね。
全然知りませんでしたよ。

国内発披露の「ギャラン フォルティス スポーツバック」は、お台場で見られるようですね。
他にもトヨタの「iQ」とか日産の「GT-R」とかも見られるんで、これは是非行ってみたいです!

あと、次の週の六本木会場では「ランエボX」が見られます。
この六本木会場は東京ミッドタウンなんですね。
東京ミッドタウンはまだ行ったことがないんで、この機会に行ってみようかなぁ〜

三菱自動車プレスリリース
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 23:28 | Comment(5) | TrackBack(1) | 三菱自動車関連

2008年07月19日

Drive@earth

三菱自動車は、先月から新しい企業コミュニケーションワードとして「Drive@earth(ドライブ・アット・アース)」を使っています。

Drive@earth

『Drive@earth』に込めた約束と決意
「ドライブ アット アース」は、直訳すると「地球上での走り」です。
三菱自動車のコミュニケーションワード「ドライブ アット アース」は、「地球のことを考えた上での走り」「地球上あらゆるところでの走り」を意味しています。

2008年2月29日に発表した新中期経営計画「ステップアップ2010」の指針に基づき、「クルマを通じて、人・社会・地球との共生を目指し、走る歓びと地球環境への配慮を両立させた独自のクルマづくりに取組む」という三菱自動車の想いを示した言葉です。

私たちの住む「地球」でクルマの基本特性である「走り」をグローバルに展開し、歓びが感じられる「走り」を追求すること。 そして、これからの地球環境に合った「走り」を、三菱自動車の最新技術を持って追求すること。

「ドライブ アット アース」には、「地球を走る・地球と生きるをテーマに、地球環境に配慮しながら、地球上のさまざまな地域のお客様に走る歓びを提供する。」という三菱自動車の約束と決意が込められています。

補足
これからの三菱自動車の想いを世界統一で示すために、今回のコミュニケーションワードは共通言語として英語を用いました。
同時に、英語圏以外の地域でも読みやすく、わかりやすい言葉であることに留意し表現しています。

「@(アットマーク)」の「アット」にかけて、また、マークとしてのビジュアルデザインも考え「@」としました。
同時に、企業の活動・生存領域という意味も持つ「ドメイン」という概念を踏まえ、地球を「ドメイン≒本拠地」として、地球環境に合った走りを追求していくという意味も込めています。

「@」を中心に左右両端へ広がるビジュアルデザインのバランスを考え、小文字の「earth」にしています。 さらに、このコミュニケーションワードに込めた想いの広がりも表現しています。

以上、公式サイトより抜粋


なるほど!言いたいことは分かります。
いや、分かったような分からないような…
いろいろ長々と書いてありますが、結局同じようなことを言ってるだけじゃないの?
でも、キャッチコピーなんてこういうもんなんでしょう。

他の国産メーカーのキャッチフレーズも調べてみました。
トヨタ 「Drive Your Dreams.」
日産 「SHIFT_the future」
ホンダ 「The Power of Dreams」
マツダ 「ZOOM-ZOOM」
スバル 「Fantastic moments」

時代により様々に変わりますが、今現在はこんな感じになってます。
う〜ん、英語ばっかりじゃないですか?
これでいいのか、ニッポン!
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 17:33 | Comment(10) | TrackBack(0) | 三菱自動車関連

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。