2008年02月26日

ギャランフォルティスのCM 「誕生」篇

ネットでギャランフォルティスのCMを見つけました!
「セダンの歓びが、また始まろうとしている。」



タイトル: 「誕生」篇
放映時期: 2007年8月〜
CM曲名: 組曲『惑星』(The Planets Op. 32)
      第4曲「木星(Jupiter, the Bringer of Jollity)」をアレンジ
アーティスト: Gustav Holst(1874-1934)作曲
ロケ地: 十勝研究所テストコース
使用車両: 類別:SPORT
        外色:ブラックマイカ
        内装:ブラック

これはメチャクチャかっこいいですね〜
これを見たときビビビッ〜っときました!
こういうクルマを待っていたんだと。
去年の夏あたりでした。

見せ方も上手いです。
静から動への切り替わり。
スローで飛び散る水滴の表現。
そしてBGMの木星の曲。
まさに「セダンの歓びが、また始まろうとしている。」という期待感、躍動感に溢れています。
素晴らしい映像だと思います。

クルマが主役の、直球ド真ん中ストレートのCMですよ。
男らしいっス!

これを見た時、もうギャランフォルティスのオーナーになる運命が決まったのかもしれません。
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャランフォルティス研究所

2008年02月23日

アダプティブフロントライティングシステム

ギャランフォルティスの「SPORT」グレードでは、ディスチャージヘッドライト(光軸自動調整機能付)とアダプティブフロントライティングシステム(AFS)が標準装備となります。

アダプティブフロントライティングシステム(AFS)とは、ステアリング操作に連動して、曲がる方向の補助灯を点灯し、夜間のカーブなどでの視認性を向上させるシステムです。
三菱自動車では初めて装備されたのが、このギャランフォルティスです。

アダプティブフロントライティングシステム

この写真で、上がAFS OFF(通常状態)、下がAFS ONです。
ハンドルを切ると自動的にライトが点灯して、曲がる方向を照らしてくれます。
停止時はだいたい90度くらい切ると点灯します。
が、車速が高い時にはそれに応じて、小舵角から点灯するようになっています。
ハンドルを戻せば自動的に消灯しますし、「AFS OFFスイッチ」を押せば手動でも消せます。
「AFS OFFスイッチ」はサイドブレーキのとなり辺りにあるんですが、最初このスイッチは何なんだ?ってずーっと思ってましたよ。

AFS

繁華街では夜間でも周囲が全体的に明るいので効果は気付きにくいですが、住宅街などではこのように曲がる方向が明るくなるのは非常に効果的でいいと思います。
ドライバー目線ではもちろん進行方向の確認がしやすくなりますし
、歩行者にも車の挙動に気づいてもらう効果があると思います。

こういう安全・安心につながる機能は、オプションではなく全車に標準装備してもらいたいですね。
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 12:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | ギャランフォルティス研究所

2008年02月20日

ディスチャージヘッドライト

ギャランフォルティスの「SPORT」グレードでは、ディスチャージヘッドライト(光軸自動調整機能付)とアダプティブフロントライティングシステム(AFS)が標準装備となります。
他のグレードではメーカーオプションとなっており、ディスチャージヘッドライトとアダプティブフロントライティングシステムのセット価格で84,000円となっています。

ディスチャージヘッドライト

ディスチャージヘッドライトとは青白い光を放つヘッドライトで、従来のヘッドライト(ハロゲンライト)に比べると、消費電力は約半分で、2倍から3倍の明るさを持つという、優れたヘッドライトです。

メーカーによっては、HID(High Intensity Discharge)やキセノンランプとも呼ばれるようですが、結局はすべて「高輝度放電装置」だそうです。

従来のハロゲンランプとディスチャージヘッドライトの違いを簡単に言うと−
ハロゲンランプにはフィラメントがあり、白熱球タイプ
ディスチャージヘッドライトにはフィラメントはなく、キセノンガスの入った電球に高電圧を掛けて放電をおこし光を発生させる蛍光灯タイプ
−ということです。

そのためバッテリーにはハロゲンランプより優しいのですが、高電圧を発生させるユニットが必要なのでコストが掛かります。
ただし放電を利用するので光そのものは太陽光に近く見やすいという特徴があります。

最近のはやりですよね。
カッコいいっす!
でも、夜間撮影のため、このカッコよさを写真で十分表現できてないのがくやしいっス。
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャランフォルティス研究所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。