2008年03月29日

リヤスポイラー

ギャランフォルティスには、ディーラーオプションでリヤスポイラーが装備できます。
値段は42,000円で用意されています。

リヤスポイラー

リヤスポイラーとは、トランクやルーフなどの車体後方上部に装着されるエアロパーツのことです。
高速走行中の空気の流れを整え、揚力を低減する効果があります。
サーキット走行をする場合などは必需品と言えるものですが、通常の走行では実質的な効果はあまり期待できず、エクステリアデザインを際立たせる意味合いの方が大きいようです。

ランエボXには大型のリヤスポイラーが装備されますが、ギャランフォルティスのリヤスポイラーはそれに比べてひとまわり小さいサイズです。
形状はランエボXのと同じように、中央部と両端部で迎え角を変えるねじれ形状になっています。

他にリアビューのドレスアップが可能なパーツだと、「トランクリップスポイラー」があります。
ディーラーオプションで28,350円となっています。
カタログで見ると、リヤスポイラーとトランクリップスポイラーの同時装着も可能と書いてあります。
さすがに同時装着するほどお金に余裕はありませんよ…

リヤスポイラーを付けたことで、後方視界はさすがに良くありません。
リヤウインドウのど真ん中にリヤスポイラーが見えるので、ただでさえ後方視界があまり良くないのに、さらにこれではかなりのマイナスとなっています。
今までリヤスポイラー装備車に乗ったことはなかったのでよく分かりませんが、こんなもんなんでしょうかね…?

そうはいっても、リヤスポイラーを装備したギャランフォルティスを雑誌で見て一目惚れしたんで、これは絶対に装着すると決めてました。
今でもこのデザインが最高に気に入ってます!
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャランフォルティス研究所

2008年03月22日

サイドエアダム

ギャランフォルティス「SPORT」グレードは、フロントエアダムとサイドエアダムが標準装備されています。

サイドエアダム

フロントエアダムと同様にサイドエアダムも、「SUPER EXCEED」、「EXCEED」のグレードは、ディーラーオプションで装備可能となっています。
フロントエアダムが29,400円、サイドエアダムが56,700円です。

サイドエアダムは高いですねぇ…
フロントエアダムの2倍近くの値段じゃないですか。
左右2つあるからなんでしょうか…?
でも、フロントエアダムを付けて、サイドエアダムを付けないってのもちょっと考えにくいですし、どうせ付けるならおそらく両方付けるでしょう。
両方付けると86,100円です。

「SPORT」グレードには最初から両方付いているし、それ以外にも諸々の装備が付いて、値段は約10万しか違わないんで、そう考えると「SPORT」はかなりお買い得な気がしますよね。

エアダムとは、フロントバンパーやリヤバンパー、ボディサイドの下部に取り付けられる整流板のことで、エアロパーツのひとつです。

サイドエアダムはサイドスカートとも呼ばれ、両サイドに装着し車体横に流れ込む風を効率よく後部に受け流し、空気抵抗を減らすとともに、高速走行時に車体が浮き上がる力を抑止します。

でもなんといっても、サイドビューに精悍さを加え、ギャランフォルティスのスポーティ感をより一層高めてくれますよ!
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャランフォルティス研究所

2008年03月19日

フロントエアダム

ギャランフォルティスの「SPORT」グレードは、フロントエアダムとサイドエアダムが標準装備されています。
「SUPER EXCEED」、「EXCEED」のグレードではディーラーオプションとなっており、フロントエアダムが29,400円、サイドエアダムが56,700円で装備可能となっています。

フロントエアダム

エアダムとは、フロントバンパーやリヤバンパー、ボディサイドの下部に取り付けられる整流板のことで、エアロパーツのひとつです。

フロントエアダムはフロントスポイラーとも呼ばれ、走行時の風をボディ両端へと追いやり、空気抵抗を減らす効果があります。
ちなみに、リヤエアダムはタイヤの接地力を高めるダウンフォースを生み出し、走行安定性を高める働きをします。

ただしエアロパーツは一定以上の速度が出ていなければ実質的な効果はあまり期待できず、市販車の場合は主にエクステリアデザインを際立たせる目的で用いられる、といったケースが多いようです。

ギャランフォルティスのフロントエアダムは、フロントバンパー下の左右に装着されています。
ランエボXのフロントエアダムとよく似ていますが、ランエボXのは左右に分かれておらず、左右とセンターが繋がっていています。
センター部分の色がボディカラーと違っているだけのようです。

性能の違いは詳しく分かりませんが、ロー&ワイドのスポーティーなイメージを作り出してくれるフロントエアダム、かっこよくて気に入ってます!
posted by ギャランフォルティスのオーナー at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャランフォルティス研究所

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。